結婚式(神前式)を東京でお考えなら神田明神の結婚式場「明神会館」へ。

神田明神の結婚式

HOME > 神田明神の結婚式

社殿に向かって一筋にのびる赤い絨毯 雅楽の音色をともなって白無垢の花嫁が人生の1歩を歩みだす

江戸時代より明神様と呼ばれ、『縁結びの神様』として親しまれてきた江戸の総鎮守・神田明神。
現在(いま)でも“粋”なままに、神田・日本橋・秋葉原・大手町・丸の内など、108ヶ町の総氏神様として江戸の素晴らしい伝統文化を保ち、絶え間ない発展と創造を繰り返すこの都会(まち)を守り続けています。
その神田明神の御社殿の間において、荘厳礼節を尊び、江戸文化の栄えた宝を引き継ぎ、そして江戸の“粋”な伝統・文化を挙式に活かし、お二人の幸せを演出させていただきます。

神田明神について

千二百八十年に及ぶ歴史と、縁結びの神様として知られる御祭神などについてご紹介します。

神前式とは

純真で和の心を持つ神前式についてわかりやすくご紹介します。

神前式の流れ

厳粛さと華やぎを兼ね備えた挙式の流れを14のパートに分けてご紹介します。

ページの先頭へ


東京での結婚式・神前式・和装(白無垢)による挙式・披露宴などのご婚礼や、初宮・七五三・成人式のご参拝、会議・宴会の会場は、東京都千代田区 神田明神の結婚式場「明神会館」へ。