結婚式(神前式)を東京でお考えなら神田明神の結婚式場「明神会館」へ。

神田明神の結婚式

HOME > 神田明神の結婚式 > 神前式とは

神前式とは

神田明神では、年間約500組の方々が神前式を挙げています。これまでの実績と経験を踏まえ、お二人をきめ細やかにサポートし、安心で幸せな式をお約束します。

日本の結婚式の源は「古事記」と云われています。
結婚式は、日本最古の歴史書である「古事記」(奈良時代)や「日本書紀」(奈良時代)の中に、「いざなぎのみこと」「いざなみのみこと」が結婚の儀式を行ったと記述があるように、古代から受け継がれた日本の儀式なのです。

明治以前は、各家の床の間で行われた「結婚の儀式」でしたが、明治33(1900)年、大正天皇(当時皇太子)が宮中三殿の賢所の御神前にてご婚儀を執り行ったことをきっかけに、神社で結婚式を行うことが一般化されてきました。その後、ホテル内に神殿を設けることが増加し、神前式は日本の文化として定着してきました。

昨今さまざまな結婚式のスタイルが確立する中、雅な和の心がある神前式が見直されています。
清らかで神秘的、格調高く美しい。古風で由緒があり、非日常的な憧れた世界で取り仕切られる儀式は、喜びと幸せを一層輝かせ、鮮やかに心に記憶されることでしょう。

神前式

日本は古来より、農耕社会として栄えてきました。そして五穀豊穣を祈り、収穫に対して恵みをいただいた神様へ、感謝の心を捧げることが、先祖から連綿と受け継がれてきました。この「感謝の気持ち」は、人間が社会生活を営むうえで最も大切な姿勢であり、ものに満たされた現代の生活のなかでは忘れがちなものともいえます。
自然物に精霊が宿るというような、神秘性をはらんだ純真な和の心は、目に見えない神様へ感謝の心を捧げるという、日本人の心の原点に返ることに繋がっていくのではないでしょうか。神様の前で誓うふたりの愛も、どこか似ているような気がします。

古くから受け継がれてきた日本の文化を見直すと、結婚式は単なる披露の場ではなく、お二人の人生の節目に行う、大切な人生儀礼の場です。夫婦としての自覚を促すことはもちろんですが、親交のある多くの人、これから親交を紡ぎだす多くの人(地域社会)への繋がりを、より強いものとする心の成長の場であることも忘れてはなりません。

神前式

ページの先頭へ


東京での結婚式・神前式・和装(白無垢)による挙式・披露宴などのご婚礼や、初宮・七五三・成人式のご参拝、会議・宴会の会場は、東京都千代田区 神田明神の結婚式場「明神会館」へ。